中期行動計画

PLAN2015 飲料用紙パックリサイクル行動計画

−回収率50%に向けて−

この度、全国牛乳容器環境協議会は、2015年度を目標年度とする飲料用紙容器に係る環境負荷削減に向けての行動計画、「プラン2015」を策定いたしました。

「プラン2015」は、自主行動計画や廃棄物処理・リサイクルガイドラインをもとに、より具体的な行動として定めたものです。

目標の一つである50%以上の回収率の達成は、紙パックにとって決して容易なものではありません。

しかし、具体的な行動を通して目標達成を目指し、あわせて社会をより環境保全型に転換していくことが、全国牛乳容器環境協議会における社会的責務であり、行動計画はそのための社会的な説明責任でもあると認識しています。
中期行動計画PLAN2015
PLAN2015 飲料用紙パックリサイクル行動計画(7.3MB)

『PLAN2015 飲料用紙パックリサイクル行動計画』のおもな内容

1.現状認識
  1. 飲料用紙パックと暮らし
  2. 紙パックの環境面からみた特徴
  3. 紙パックのリサイクルの現状と特徴
  4. プラン2010の成果と課題
2.行動計画の基本事項
  1. 行動計画の目的
  2. 行動計画の位置づけ
  3. 行動計画の体系
3.行動計画
  1. 地域の回収力を高める場づくり
  2. 家庭の紙パックの回収促進
  3. 屋外や店舗で飲まれる紙パックの回収促進
  4. 教育や学習の場における活動の促進
  5. リサイクルに向けたコミュニケ−ションの充実
4.計画の実現に向けて
  1. 行動計画の性格
  2. 容環協の役割
  3. 紙パックメーカーや乳業メーカーの役割
  4. 担い手の発掘と育成・支援
  5. 多くの関係主体の力と創意工夫
  6. ネットワークの拡充
もっと詳しく知りたい人のために
紙パックのリサイクルの現状、これまでのリサイクル活動の経緯
小学校中高学年向け紙パックリサイクル学習サイト
紙パックのライフサイクルアセスメント
牛乳パック再利用マーク
容器包装リサイクル法
産業構造審議会ガイドライン


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ