エコプロダクツ2014出展 報告

1.日 時    :

2014年12月11日(木)〜13(土)


2.場 所    :

東京ビッグサイト


3.報 告    :


 第16回「エコプロダクツ2014」が12月11日〜13日、東京ビッグサイトで開催されました。今回のテーマは「見つけよう! 未来をかえるエコの知恵」。多くの企業、NPO・NGO、学術・教育機関、行政・自治体など多様なステークホルダーが出展し幅広い層の人々に向けて情報を発信する国内最大規模の環境イベントです。容環協は、牛乳パック再利用マーク普及促進協議会と共同出展致しました。
 展示会の来場者数は161,647人と、初日の雨の影響もあってか昨年を大きく割り込みましたが、容環協ブースは多くの方々にお越しいただき大変にぎわいました。
 展示パネルの基本テーマは「捨てるよりリサイクルが気持ちいい」。全体を「まち」に見立てて、「学校」「家」「工場」「お店」を順にたどりながら紙パックリサイクルについて学んでいただこうという趣旨です。パルプや中間処理品などの現物を触る体験型展示となっていて、楽しく紙パックのリサイクルについて学んでいただけたことと思います。
 ワークショップ「牛乳パック手開き体験」では、「牛乳パックン探検隊」の動画やクイズで学んで頂いたあと、牛乳を飲んだあとの紙パックを使って実際に手開きしていただきました。初めての方もコツを覚えて、きちんと開いていただけました。
 「手すきはがきづくり体験」では、紙パックのパルプが高品質であることを理解していただき、楽しく手すきはがき作りを体験していただきました。
 最終日には「牛乳紙パックで『遊ぶ学ぶ』コンクール」の表彰式を行いました(http://www.packun.jp/をご覧下さい)。連日多くの方にご来場頂き、紙パックの特長とリサイクルの大切さを体感していただきました。
ブース全景  実物も交えてわかり易く説明しました
「ここをこう引っ張って」手開き体験中 手すきはがきづくり体験、盛況でした


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ