エコプロ2016環境とエネルギーの未来展 出展報告

1.日 時    :

2016年12月8日(木)~10日(土)


2.場 所    :

東京ビッグサイト 東3ホール

3.報 告    :


 「エコプロ2016環境とエネルギーの未来展」が3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催されました。今回から、プロダクツに限らず、サービスや環境経営、社会貢献にまで領域を広げ、地球温暖化対策と環境配慮、クリーンエネルギーとスマート社会を2大テーマとして、持続可能な社会づくりを日本と世界、そして未来に発信する展示会として実施されました。
容環協は牛乳パック再利用マーク普及促進協議会と共同で、「楽しく学ぼう容器包装3R」ゾーンにブースを出展しました。内容としては、「紙パック手開きワークショップ」、紙パックリサイクルについて理解を深めていただく「卓上展示」、及び、楽しみながら紙パックの資源価値を実感していただく「手すきはがきづくり」の3つのコーナーを中心に行いました。最終日には「牛乳紙パックで『遊ぶ学ぶ』コンクール」表彰式も行いました( http://www.packun.jp/news.html#161219 をご覧ください)。
 期間中は好天に恵まれ、当ブースも多くの来場者で賑わいました。紙パックリサイクルにハサミを使わない手開き体験や、見て聞いてさわっての卓上展示、思い思いのデザインで作成したオリジナル手すきはがきの製作などを通じて、紙パックを資源としてリサイクルすることの大切さを多くの方々にご理解いただけたのでは、と思っています。
 今後もよりわかりやすい説明を心がけ、紙パックリサイクル啓発活動を継続してまいりますので、いっそうのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

ブース全体の様子 紙パック手開きワークショップの様子


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ