相模原市ごみDE71大作戦「牛乳パックでグリーティングカードを作ろう」
出展報告

1.日 時    :

2017年3月18日(土)、11時~16時30分

2.場 所    :

ニトリモール相模原 3階メイン通路

3.報 告    :


 相模原市資源循環推進課のごみの軽量化・資源化を推進する活動「相模原ごみDE71大作戦」の一環として、商業施設のニトリモール相模原(相模原市大野台6丁目)で開催されたイベントに全国牛乳パックの再利用を考える連絡会と連携し出展しました。今年で5回目の出展となり、相模原市の担当者とのチームワークもよく、3階のフードコートに向かう通路に展示ブースを設けました。
 当日は、天候にも恵まれ、三連休の初日ともいうこともあり、多くのお客様が来場されました。展示ブース周辺で相模原市のごみの減量化・資源化のキャラクターである「分別戦隊シゲンジャー ペーパーピンク」や、「相模原ごみDE71大作戦」のイメージキャラクターである「レモンちゃん」の応援もあり、展示ブースには、お客様がほぼ切れ目なく訪れました。イベントの「牛乳パックで、世界に一つだけのグリーティングカードを作ろう!」では、順番待ちの列が出来るほど盛況でした。紙パックパルプを原料とした手すきに参加者は思い思いのすき込み用材料の絵柄を選び、世界で一枚のグリーティングカード作りを楽しみました。お子様から大人まで自ら作ったオリジナルカードの出来映えに大満足で、紙パックの再生パルプが優れた材料であることを実感してもらいました。また、手すきを待つ間などに紙パックリサイクルに関するクイズやアンケートにお答えいただき、参加者は、紙パック6枚からトイレットペーパー1巻が出来ることなど、驚きをもって理解してもらいました。
 相模原市は週1回の資源回収日に紙パックの回収も行っています。今回のイベントに参加された、カード作り132名、クイズ141名もの多くの市民の皆様に紙パックリサイクル活動につなげていただける機会になったと思いました。

牛乳パックグリーティングカードづくり  紙パックリサイクルクイズの様子


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ