カスミ龍ヶ崎中里店 紙パックリサイクル促進キャンペーン 報告
 

1.日 時    :

2018年2月3日(土) 11:00~16:00


2.場 所    :

フードスクエアカスミ龍ヶ崎中里店 イートインコーナー

3.報 告    :


 2017年12月8日に新しくオープンしたフードスクエアカスミ龍ヶ崎中里店において、全国牛乳パックの再利用を考える連絡会と連携し『紙パックリサイクル促進キャンペーン』を開催いたしました。
 カスミは、茨城県を中心に千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、東京都に合計184店舗を展開する地域密着型のスーパーマーケットでイオングループの一員でもあります。
 龍ヶ崎中里店は「安全・安心」をキーワードに品質、鮮度、味にこだわった商品を取り扱うとともに、店頭に専用の回収BOXを設置し、ペットボトル、食品トレー、アルミ缶、スチール缶、牛乳パック、古紙等を回収しています。その後自社のリサイクルセンターに集められ、選別・圧縮を行い、専門のリサイクル業者に引き渡し、再生していくという環境・社会貢献活動を行っている店舗でもあります。
 当日は寒波の到来のためか、はじめのうちはお客様の入りが思わしくありませんでした。しかし、お昼頃になると親子連れを中心にお客様が訪れ、牛乳パックのパルプを使っての手すきはがき作り体験(75名)や、牛乳を飲んで手開き体験(70名)、牛乳パックリサイクルに関するクイズ(73名)に積極的に参加してくださいました。家庭での紙パックリサイクルについて、お子様の小学校での学乳紙パックのリサイクルについて、また店舗の専用回収BOXに集められた紙パックがどのように再生されていくのかについて、お客様とじっくりお話しすることができました。
 このイベントが今後も継続的に行われ、北関東地域に新しいリサイクルの環が広がるきっかけになることを期待しながら店を後にしました。
手すきはがきづくりの体験中 親子でクイズに挑戦です


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ