東京都 西東京市牛乳パックリサイクル講習会 報告

1.日 時    :

2015年8月20日(木)13:00~16:00


2.場 所    :

エコプラザ西東京 多目的スペース


3.報 告    :


 夏休み自由研究2015「世界で1枚の手すきはがきを作ろう!」と題して、今年も恒例の牛乳パックリサイクル講習会を開催しました。当日は雨が降ったり止んだりと不安定な天気ながら、44名の小学生(保護者20名)が、元気に講習会に参加してくれました。
 全国牛乳パックの再利用を考える連絡会平井代表から森林管理と牛乳パックリサイクルについて、写真や所々にクイズを織り交ぜながら分かり易く楽しい講義となりました。
 講義のあとは、牛乳を飲みながらDVD「牛乳パックン探検隊」を視聴して飲み終えた牛乳パックを使って手開きの体験です。きれいに開くことが出来る子がいたり、悪戦苦闘をしながらも開く子もいたり、みんなが最終的には1枚の紙に開く事が出来ました。
 次いで、参加者を2班に分け「手すきはがきづくり」と「パネルや展示物を使ったおさらい」をそれぞれ体験しました。
 手すきはがきづくりでは、自分の作るはがきのイメージに合わせてすき込み用材料の絵柄を選んでいきますが、手すきを始める直前に絵柄を選び直す子もいて、みんな大変迷いました。また、展示物に触れながらのリサイクル工程のおさらいでは、実際の製紙工場から採取されたポリエチレンや紙パルプなどのサンプルに興味津々でした。参加者全員(保護者の方も)世界で1枚のオリジナル手すきはがきを作ったあとに記念撮影をして講習会を終えました。
 夏休み自由研究の題材として、きっと楽しく興味を持って牛乳パックとリサイクルについて学ぶことが出来たと思います。

平井代表による牛乳パックリサイクルの講義 世界で1枚だけのはがきができました


 
► お問い合わせ&MAP  ► リンク集  ► サイトマップ ►このページのトップへ